基本情報技術者試験 勉強法

fe試験の擬似言語対策


 

 

このページは、fe試験を合格へ導くためのノウハウを公開しています。

 

基本情報技術者試験で経験の浅い人が受験して失敗してしまう
のはどうしてでしょうか?

 

擬似言語に代表されるアルゴリズムが理解できず、これにつまずき
不合格になってしまうケースが多いと言えます。

 

 

基本情報技術者試験で合格するためには、午前と午後の問題の60%
正解で合格出来ます。

 

 

合格と不合格に大きな差が出てくるのが必須問題の擬似言語です。

 

つまり、擬似言語を攻略すれば合格できるということです。

 

 

基本情報技術者試験に合格するメリット

 

就職に有利である。

 

生涯有効な資格である。

 

会社によって資格手当てが出る。

 

 

fe試験は、IT開発者の登竜門とも言える資格ですから是非、
合格したいですよね。

 

 

やっぱり、「プログラムの経験がないと駄目なんじゃないの!」
と思われるかもしれませんが、心配はいりません。

 

 

アルゴリズムが理解できる人と理解できない人との違いはちょっと
したコツを知っているか、だけなのです。

 

 

この教材で教えているステップ通りに実践するだけで、擬似言語問題
を理解することができるようになります。

 

コツさえ掴んでしまえば問題は解けるということです。

 

 

この教材は、fe試験に合格するためにどうしても理解しなければならない
「データ構造とアルゴリズム」に特化した指導内容になっています。

 

 

そして、あなたをIT技術者にするためのものです。

 

 

IT技術者になるために目指す資格を取って下さいね。

 

 

>>これでOK!擬似言語<<